特定労働者派遣に該当するもの

特定労働者派遣に該当するもの

特定労働者派遣に該当するものといえばプログラマーやシステムエンジニア、通訳といった専門的な知識を必要としている職種です。派遣には一般派遣生特定労働者派遣とがあります。

特定労働者派遣廃止が行われるのはいつなのか、というと特定労働者派遣がすぐに撤廃されるのではなく、移行のために猶予期間が設けられています。これらのような専門的な業務は、専門26業務と呼ばれてきました。

ほぼ特定労働者派遣だけを採用している会社はどんなふうになるのかといえば、特定労働者派遣が廃止されることで一般派遣事業への切り替えが必要不可欠になります。しかし、届出をすればすぐにでも始められた特定労働者派遣とは異なり、一般派遣の場合には許可を得るために様々な条件を満たさなければなりません。

しかし、労働者派遣法改正案において専門26業務が廃止されました。しかし、大手の派遣先においては労働者を利用すること自体がリスクであると捉えられており、一般派遣への派遣事業切り替えを進めているところも少なくありません。

最長でも3年しか働くことができませんでした。そしてプログラマーなどの専門的な知識を必要とする派遣でも、最長3年までしか働くことができなくなっています。

特定派遣は派遣期間の期限が殊にありませんでした。一般派遣は専門性を別途必要としていない業務に関する派遣になります。

そのため、特定労働者派遣ビジネスが当然になっているIT業界においては、非常に大きな影響を受けているのではないかと考えられています。