法律的に問題は無いものなのだろうか

法律的に問題は無いものなのだろうか

基本的に派遣元、そして派遣先との間で派遣されたスタッフの雇用期間終了後に、派遣された企業が直接雇用することを禁止しています。また紹介派遣も含めて、派遣先が派遣元に対して派遣スタッフを雇用する場合、派遣元に紹介手数料を支払う、ということになっています。

派遣スタッフというのは、社員とは異なり、派遣元と雇用契約を結んでおり、そして派遣先に派遣されているのです。そのため派遣元派遣期間のが終わっていても、派遣スタッフが直接雇用に切り替えることを阻止したいと考えるものです。

そんな時に、派遣された派遣スタッフに直接声を持ちかけて何よりのものなのか、法律的に問題はナッシングものなのだろうかと思われる方もうんとでしょう。派遣元が薄々でも長く登録していてほしいと思うような優秀なスタッフは、派遣先から直接雇用として引き抜かれる可能性が非常に峻絶です。

しかし雇用の特性は派遣社員の保護という上では禁止されています。どれだけ好いスタッフでも直接雇用をしてはならないのです。

派遣先が派遣終了後に、本来仲介してもらうはずの派遣元を一切通さずに直接雇用することもあります。派遣スタッフが偉業に派遣された場合には、やはりちょっとでも長く会社にいてくれたら助かると思うものです。

しかし、契約終了後なので紹介手数料を派遣元に支払う必要はありません。そのため派遣期間中と異なり期間後であれば、派遣先は派遣されたスタッフと派遣事業の直接雇用切り替えの申し込みには一切の制限がありません。

つまり雇用契約の正社員とは異なり、派遣スタッフにおいての派遣元と派遣先との関係について確固と考えなければなりません。