一度直接雇用した社員を1年以内に派遣に戻す

一度直接雇用した社員を1年以内に派遣に戻す

直接雇用によって派遣期間の上限、1年以内の短期で派遣に戻す、などといった待遇面の悪化を未然に防ぐことが目的です。しかし、だからといって正社員の方がコストが安くなると勘違いしてはいけません。

派遣の種類によって直接雇用の際には注意点があるのですが、実は他にも注意しなければならないことがいくつかあります。派遣から直接雇用への霧毛においての注意すべき点もいくつかあります。

そのことを忘れてはなりません。しかし直接雇用派遣とは異なり、仕事の担当範囲はもちろん増えますし、派遣会社が間に入ってるわけではないということを十分に理解しておきましょう。

派遣社員のコストを時給換算すると一見沖雲ように感じますが、正社員のコストには固定費である給料だけではなく社会保険等のコストが上乗せで必要になります。派遣スタッフの時給だけを見て、コストが壮大と感じることももちろんあると思います。

例えば直接雇用する場合には企業側の注意点の1つとして、一度直接雇用した社員を1年以内に派遣に戻す事はできないということです。そして、派遣社員から正社員になったときに直接雇用としての意識の違いを、揺るぎないと理解してもらわなければならないということです。

このように、直接雇用は派遣と違い、良くも悪くも正社員というのは責任が重大なのです。働く場所が派遣社員の場合とは異なるのですが、派遣の意識のままでいるということがよくあります。

派遣から直接雇用へ派遣事業の切り替えを行う場合にはいくつか注意点があります。